姶良市西姶良の消化器内科・胃腸内科・内科・心療内科 クリニック1にしあいら

検査について
検査について

胃カメラ・大腸カメラ検査

胃カメラは、反射の少ない極細の経鼻内視鏡と拡大観察機能のついた精細な経口内視鏡を選択する事が出来ます。また、ご希望により鎮痛剤(眠り薬)を使用いたします。

大腸カメラでは確かな技術と豊富な経験で、苦痛の少ない検査や正確な診断・治療(ポリープ切断を含む)をご提供いたします。また、空気より約130倍のスピードで吸収される炭酸ガスを導入しておりますので、検査後の不快な腹部膨満感を軽減する事ができます。

内視鏡室

さらに当院では、BLI(狭帯域光観察)を搭載した最新の内視鏡システムを導入しています。

BLIとは
波長の異なる2種類の光を利用し粘膜の表層部と深部の血管を鮮明に映し出す技術のことです。がんの早期発見につながる技術として広く普及しています。

CT検査

16列マルチスライスCTを導入しています。

16列マルチスライスCTの特徴

  • 従来のCTに比べ、広い範囲(頭部~足先まで)を撮影できる
  • 短時間かつ少ない被ばく量で検査ができる

必要に応じて立体的な画像などを作ることができ、いろいろな方向から観察することが可能なため、小さな病変でも発見できる確率が高くなりました。検査時間も短いため、予約なしで当日検査が出来ます。

CT・X線室

超音波検査

体外から超音波(人間には聞こえない波長の短い音波)をあて、その反射音(エコー)をコンピュータ処理し臓器や組織の様子を調べます。検査は5分から10分で終わり、痛みもなく身体に無害です。

エコー室